アミタケ

イグチ目・イグチ科・ヌメリイグチ属

Suillus bovinus

注目Points

オリーブ黄色の管孔煮ると紫色マツ林

 日が沈み始めた頃、帰り際期待せずに寄った場所にポツンと生えていた。老菌で干からびているので被写体としてはいまいちだったが、(意識して)初めて見るイグチだったので撮影。近くにオウギタケのようなキノコも生えていたけど、完全にミイラになっていたので捨てちゃった🗑️。
 プリプリした食感で美味しく、煮ると紫色という分かりやすい特徴を持っているらしい。今年は同じ条件で生えるハツタケと一緒に食したい。

各部位を観察する

01カサ

写真って設定によって色が変わるから同定に不向きだな
  • 黄褐色で、平滑。
  • 落葉がくっついているので粘性あり。

02ヒダ

  • オリーブ黄色の管孔、垂生で疎
  • 孔口は多角形で不揃い。やや放射状に並んでいる。
  • 肉厚で弾力がある。

03

  • カサと同色で繊維状。中実。

フォトギャラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました